越前若狭歴史回廊

 英林塚(孝景墓)


 朝倉孝景(敏景)、朝倉広景が北朝方の斯波高経に従って越前に入っ てから七代目の当主にあたり、戦国朝倉氏の初代である。本来は「教景」、と書くと何が何かわからなくなるので、簡単に説明しよう。
 もともと「教景」であったが、斯波家の当主に義敏が就くと偏諱を受け「敏景」と名乗り、長禄合戦で主人斯波義敏と険悪となり争うと、元の「教景」に戻した。しかし、荘園押領などで大乗院 により「教景」の名が呪詛を受けたため、「孝景」と改称したのである。
 戦国四代目も「初代にあやかりたい」と「孝景」を名乗ったため、区別するため初代を「英林孝景」とも書く。

 代々越前守護代甲斐氏、尾張守護代織田氏とともに、三管領筆頭で越前・尾張・遠江守護の斯波氏の宿老を努めていた。
 応仁の乱(1467)が勃発すると、孝景は当初は西軍に属し京都で戦ったが、文明三年(1471)越前に帰国、越前守護代甲斐氏に代わり守護代職を条件に東軍(幕府側)に寝返った。
 このため甲斐氏と越前支配をかけた激しい戦いを展開し、文明七年(1475)には越前をほぼ平定した。
 しかし、守護斯波氏は孝景の越前支配を「越前押領」とみなし、文明十一年(1479)には、東軍(幕府側)に帰順した甲斐氏や二宮氏など被官人を引きつれ「朝倉退治」と称して越前に下国、一進一退の戦いが続いた。この戦いの最中、文明十三年(1481)七月、孝景は病死した。
 
▼正面からみた墓 ▼背面からみた墓

 法名は英林宗雄でその墓が一乗谷の山腹に「英林塚」として残されているものである。 墓の石塔は高さ約二mの笏谷石製。基壇の上に基礎、塔身、隅飾り突起の付いたかさ、相輪、宝珠などを乗せた宝筐印塔になっている。基礎部分には法名の「英林宗雄大居士」などの文字が彫ってある。
 昔から、越前に危機が迫ると鳴動するとの言い伝えがある。
 なお、最近の研究で、江戸時代前期の元禄、宝永年間に菩提寺の心月寺の十八世住職龍堂が修復、再建している事実が明らかになっている。
 但し、塚の位置は代わっていないと考えられる。現在では保存のため塚全体を建物で覆っている。
 

 諏訪舘庭園跡または朝倉舘跡の後背地から5分以内で登れるので是非足を延ばされたい。


TOPへ戻る

 

 

 

inserted by FC2 system